ジャンティ・ハーブでは、日常的なこころやカラダの悩み、お肌のトラブル改善のため、良質なハーブ、オイル、健康補助食品などを取り揃えております。

ジャンティハーブ etc.,

トップページ >> ハーブの活用法

ハーブの活用法


ハーブティー キッチンハーブ ポプリ&クラフト
ハーブ染め ローション・石けん作り 浴 用
パック&ゴマージュ



《 ハーブティー 》
毎日飲むコーヒーや紅茶、緑茶などを一杯だけでもハーブティーに代えてみたらいかがでしょうか? リラックスできるだけでなく、日頃の体調やお悩みも緩和されるかもしれません。 ただし、ハーブ選びは慎重に!

<ドライハーブを選ぶポイント>
ドライハーブを選ぶ場合、無農薬や有機栽培のもの、土壌にこだわりをもったものなどが良いとされています。もちろんジャンティ・ハーブで取り扱っているハーブは全て無農薬なので、安心してご使用頂けます。

<フレッシュハーブを選ぶポイント>
お茶にして良いハーブかどうかよく確かめて下さい。ハーブには飲用できるものと、観賞用のものがありますので、必ず飲用できるものだけを選んで下さい。

 ◎ハーブティーの入れ方
 1.お湯を沸かします。
 2.ポット(金属製のポットは不可)に100mlの熱湯に対して、
   軽く一つまみ(親指・人差し指・中指の3本を使用)を目安に
   ハーブを入れ、お湯を注ぎます。(300mlの場合は三つまみ)
 3.必ずフタをして3~5分蒸らします。
 4.温めておいたカップに注ぎます。
 5.カップに手をかざして香りを嗅ぎながらお飲み下さい。
   アロマテラピーを同時に取り入れることができます。


 ・アイスティーにする場合は、お湯の量を少量にして濃く作り、
  氷のたっぷり入ったグラスに注いで下さい。
 ・ボダイジュ白木のような樹皮、エキナセアのような根など、固いハーブを
  使用する場合は抽出しにくい為先にポットへ入れ、少量のお湯を注ぎ、
  5分ほど蒸らした後に他のハーブを入れて下さい。
 ・同じブレンドを飲み続けると、ハーブティーが身体に順応して、
  作用がわかりにくくなることがあります。そんな時は良く似た働きをする
  ハーブと交換するか、一時飲用をお休み下さい。
 ・ハーブティーは全般的に排出を促しますので、日中にお飲み頂くことを
  お勧めします。
イラストハーブティー

《 キッチンハーブ 》(ハーブ料理・ハーブビネガー・ハーブオイル・ハーブ菓子等)
ハーブは私達の身近にある材料に香りや味を加えて、ヘルシーで美味しい料理に変えてくれます。 身体に入るものなので、無農薬や有機栽培のハーブを使用しましょう。 ご自宅で育てたハーブを使用する場合は、食べられるハーブかどうか確認した上で使用して下さい。

<お勧めのハーブ>
タイム、ローズマリー、セージ、ローレル、バジル、パセリ、ルッコラ、イタリアンパセリ、フレンチタラゴン、マジョラム、オレガノ、チャイブ、チャービル、コリアンダー、フェンネル など




《 ポプリ&クラフト 》
ハーブの自然な香りをいつまでも楽しむために、ポプリやクラフト(サシェ・押し花・キャンドルなど)を作ってみてはいかがでしょうか。この場合は、飲用のハーブでなくても構いません。ご自分のお好きな香りを選んで下さい。
イラストオレンジ
《 ハーブ染め 》
昔、化学染料がなかった頃、ハーブは染料として大活躍していました。染める際は、一種類のハーブを使用しても良いですし、数種類のハーブを少しずつ使用しても不思議なほど調和のとれた作品ができあがります。



《 ローション・石けん作り 》
ハーブは美しく健康であり続ける為に、活用できる植物です。ローションや石けんを作って、毎日の暮らしに役立ててはいかがでしょうか?

<美顔・美容にお勧めのハーブ>
ジャーマンカモマイル、ローズマリー、ラベンダー、セージ、ローズ、ペパーミント、タイム、レモンバーム、カレンデュラ、ジュニパー、マロウ、ライムブロッサム、ローズヒップ、ハイビスカスなど
※肌から吸収されるので、安全なハーブをご使用下さい。




《 浴 用 》
浴用には浴槽でゆったりつかる全身浴、半身浴の他、足浴、手浴、局部浴などがあります。肌から直接ハーブの成分を取り入れる事ができるので、安全なハーブをお選び下さい。そして、日頃の疲労回復やリフレッシュ、リラックスのために豊かな時間を過ごされるのも良いでしょう。

 ◎基本浴剤の作り方
 1.ハーブ一握りに1リットルの熱湯を加えてしばらくおきます。
 2.1.にぬるま湯(水は厳禁)を加えて温度や量を調節し、
   浴槽(全身浴・下半身浴)や洗面器(足浴・手浴・局部浴)に入れます。


 ☆足浴や手浴は末梢神経を温めることにより、身体全体が温まるので、
  冷え性の方にも適しています。
  また、心臓に負担がかからないので、病身の方も手軽にご利用出来ます。




《 パック&ゴマージュ 》
ハーブをミルして熱湯を加え、パックやゴマージュ(角質除去)に使用してみましょう。お肌がみるみるうちにツルツルしてきます。ただし、肌に付けるので安全なハーブをお選び下さい。

<お勧めのハーブ>
ローズマリー、ライムブロッサム、マロウ、エリカ、ラベンダー、タイム